dolor

想成为坚定而强大的人

这首歌叫文乃的幸福理论,昨晚睡前偶然听到,然后被哭腔吓清醒(其实很好听的啦)。。。然后起来认真听了一遍又去搜了一下这首歌的剧情再然后就被虐惨了😭文乃真的是个好姐姐!😭😭😭😭😭

最后那声小小的[最喜欢大家了]简直扎心。。
歌词:
思い出していたのは また、家族の事,
回想起的依然是 家人的事情,

「アヤノはお姉ちゃんだから,
「因爲文乃是姐姐,

皆の事、よろしくね,
所以要好好照顾大家喔」,

赤煉瓦の壁 小さな家の中で,
在有红砖瓦墙的 小小家中,

ひそひそ話そう 秘密の作戦みたいに,
细细耳语 象是说着秘密作战计划壹样,

連れて來られた 三人の真っ赤な目には,
被带来的三个孩子的 红色眼睛中,

大人に隠していた 過去がある,
有着隐瞒大人很久的 不爲人知的过去,

怯えた顔で 「仆は化物だから,
胆怯的面孔说着 「因爲我是怪物啊」,

私は告げる 「そんなことはないよ」って,
我这样告诉他们 「才没有那回事呢」,

「真っ赤な色は主人公の色だから,
因爲鲜红是主角的顔色,

怯えていなくても、良いんだよ,
所以不用害怕也可以的哦。」,

面白い事 悩んでは,
烦恼着 该讲什麽有趣的事,

今日もお姉ちゃんぶって,
今天也努力地扮演着姐姐,

「ほら、見ていて」 赤いマフラー巻き付けた,
「来,妳们看看」 围上了赤红红的围巾,

「秘密組織みたい,
「像秘密组织壹样!」,

茜色、染めて、始めよう,
茜色开始 浸染吧,

小さな「ヒーローのフリ」だけど,
虽然只是微小的「英雄的扮演」,

「少しでも、また笑えたら」って,
「哪怕只有壹点点,能让妳们再露出笑容的话」,

今日も家族でいよう,
今天也继续当壹家人吧,

「幸せ」を願おう、先にある未來が,
许下「幸福」的愿望吧,

どれだけ 悲しくても,
哪怕之后的未来会变得何等悲伤,

「このことは秘密だよ,
「这件事情是秘密喔」,

楽しくて陽が沈んだ,
欢闹着日渐西沈,

春風巡り 大人になった世界は,
春风徐来 长大了的世界,

理不盡に曲がる 誰かの陰謀みたいに,
就象是谁的阴谋壹样 扭曲不讲道理,

膨らんで消えた 愛する人の涙は,
膨胀消逝 心爱的人的眼泪,

誰(だれ)も気付(きづ)けなくて、黒(くろ)くなる,
不被任何人发现 逐渐变得漆黑,

狂(くる)い出(だ)していた,
等到察觉到发狂了,

気付(きづ)いたら もう,
却已经,

誰(だれ)にも 言(い)えなくて,
无法告诉任何人,

「嫌(いや)だ、嫌(いや)だよ,
「不要,不要啊。

壊(こわ)れるのは,
要崩坏什麽的」,

幸せの終わる世界が來る,
幸福终结的世界将要到来,

「茜色、お願い,
「茜色,拜托了。

これ以上、誰かの未來を壊さないで,
不要再破坏任何壹个人的未来了」,

泣きながらまた、考える,
流着眼泪 思考着,

笑顔に隠したまま,
隐藏住自己的笑容,

「赤目色、それが私なら,
「赤目色,如果是我的话,

誰かの未來を救えるかな,
是否能够拯救 某人的未来呢」,

不器用で、情けない,
这是笨拙 而又可悲的,

獨りぼっちの作戦だ,
独自壹人的作战,

私が消えた あの日の秘密組織は,
我消失的那壹天 那个秘密组织,

ちゃんと笑って 暮らせているのかな,
有好好地 笑着生活吗,

きっと、私は 怒られちゃうなぁ,
我想 大家壹定会生我的气的吧,

だけど、ちゃんと「お姉ちゃん」になれたかな,
但是 我有好好变成「姐姐」吧,

思い出してみよう,
试着回想看看吧,

あの好きだった言葉,
曾经喜欢的那句话,

「幸せ」ってなんだか不思議 /,
「幸福」这句话 是多麽的不可思议,

明日のこと、好きになれる,
就连明天 也能够喜欢上呢。

评论

热度(3)